FC2ブログ

稲刈り 2010年06月06日 歴史 トラックバック:0コメント:0

西表島は曇り・気温28℃

浦内川上流にあった稲葉村の話。
稲葉村は読んで字のごとく稲作を中心に暮らしを立てていた。
子供の頃、夏休みとなるといつも稲刈りの手伝いをさせられた。その頃は機械が無く手刈りであった。
午前中は稲刈、午後からは束ねて積み上げる作業だ。束ねた稲はソリのような田舟を水牛に引かせ運ぶ。
この役目は子供である僕らの仕事だ。気の荒い水牛だとなかなか僕らの言うとおりに動いてくれない。
親父が目に入る所にいれば比較的おとなしく働くのだが、いないときは横着になり、道草をする。
子供だと馬鹿にしているのだ。
inekari_convert_20100606153631.jpg
稲刈り今や座って運転するだけなのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://urauchigawakanko.blog67.fc2.com/tb.php/263-8f83a03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)