エゴノキ 2009年01月30日 植物 トラックバック:0コメント:0

エゴノキ

この時期、滝までの登山道中に花が落ちていたり、
軍艦岩船着場までの水面に浮いている白い花は、エゴノキです。

内地では4~5月ごろ、白い花を垂れ下げるようですが、
こちらでは、まだ寒い1月から花を咲かせます。

花弁が散らずに、そのまま落ちるのでとても見つけやすいんです。
登山道を歩きながら花が落ちているのに気が付いたら、ぜひ拾い上げて下さい。
とても良い香りがしますよ。

足元に花が落ちているのは良く見かけますが、咲いている状態を見るのは難しいかもしれません、
登山道では、頭上のかなり高い所に花を咲かせているんです。

本来の冬の気候は? 2009年01月29日 浦内川風景 トラックバック:0コメント:0

朝焼け

昨日、本日の午前中と良い天気でしたが、ここのところ定期的に好天がやってきています。
おかしいですね~、今年は本来の冬の天候ではないですね。
本当に雨が少なく、太陽の顔を出すことが非常に多いのです。

日中25℃くらいまで気温が上がると、今が冬だと言うことを忘れてしまいそうです。
みなさ~ん、今年の冬はお徳ですよ。
来るなら今ですよ!

※お越しの際に雨が降っていても、当方は一切責任を持ちません(笑)。

写真は本日、浦内川の朝焼けの様子です。

冬のやいま 2009年01月27日 浦内川風景 トラックバック:0コメント:0

雨の風景

奇跡の7日間から5日が過ぎましたが、
ここ最近はスッキリしない、良いか悪いか八重山の冬らしい天候が続いております。
本日の営業終了間近、雨に襲われあたり一面が真っ白になりました。

雨が降っていて悪いことばかりではないんですよ。
いい事が4つほどあります、これは僕の個人的な主観によるものなのですが、

1.皆さんに見ていただく滝に迫力が出ます。
2.雨が降っていると、密林やジャングルの雰囲気が増します。
3.雨が降って風があまり吹かないと、山にガスがかかり幻想的な風景になります。
4.晴れた日とは違って、山の緑がしっとり湿り鮮やかさを増します。

これぐらいかな?あとは。。。あまりいい事はありませんね。
0 じゃない、4つもいい事がありますので、雨の日も捨てたもんじゃないんです。(笑)

我が社の受付 2009年01月26日 お知らせ トラックバック:0コメント:0

受付

今日はスタッフを一人紹介したいと思います。
受付の綺麗なネーネーとは別に窓口に座っている、セサミ○トリートの○ーミット君です。
残念ながらこの子、英語はしゃべれません(笑)

6年ほど前、帰宅するときに車のドアの下に落とされていました。
少し汚れていたのでお風呂に入ってもらい、
それ以来受付アシスタントとして弊社で働いてもらってます。

弊社にお越しになるお客様の全てがこの窓口から始まります。
よろしくお願いしますね。

ついに幕引き 2009年01月22日 浦内川風景 トラックバック:0コメント:0

白浜雨

本日も朝方は雨がパラつき、その後は晴天と相成り25℃近くまで気温が上がりました。
この時期には珍しい晴天続きも、今日で7日目となりましたが、
本日の夕方、奇跡の晴天続きがついに幕を下ろしました。

明日の予報は、波の高さが2メートル後5メートルですから時化時化です。
北風ビュービューで、荒れた天気となるでしょう。

そういえば、ここ最近はお天気ブログになっていますね~。
写真は白浜から眺めた幕引きの瞬間です、右側から雨がやって来ています。

浦内川 2009年01月21日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

浦内川河口

昨晩から朝方にかけては雨が降っていましたが、
日中には天候が回復してきまして、結局今日も良い天気となりました。

今日は浦内橋の上から眺めた、浦内川の風景をお届けします。
左側の川のたもとにあるのが弊社の建物です。
ここから皆様を、上流の軍艦岩船着場までご案内いたしております。

浦内川は島の中央部を流れる、南西諸島の中で最長の河川です。
生息している魚類は日本で一番多く、
日本に生息している数の一割ちょっとに当たる、400種類ほどが確認をされてきています。
その中で一番大きな魚はオオメジロザメで、最大1.5mほどにもなります。

改めて見ますと西表にある河川の中では一際でかいですね。

本日も。。。 2009年01月20日 浦内川風景 トラックバック:0コメント:0

犬の子三匹

日中気温25℃!奇跡の天候が続いております。
昨日、今日と雲が多いものの、今日で5日目、どうやら明日も続きそうです。

この冬の時期でも、太陽がしっかり出るとセミが鳴くんです。
なにかしらの蝶は飛んでいるし、よく季節感に乏しいと言われますが、その通りですね。

ここ数日のうちに、西表に滞在をされた方たちは本当にラッキーですよ。
毎年異常気象だと言われますが、今年は本当に雨が少ないんです。
このような天気が続くと後が怖いなぁ~。

夜のとばり 2009年01月18日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

白浜夕景

一昨日、昨日に続き本日も晴天!日中の気温は24℃、いったいどうしてしまったのでしょうか?
この時期の天気が良いのはありがたいのですが、困った問題が一つ。。。
寝不足になることなんです。

なぜかというと星の写真を撮っていると時間を忘れて熱中してしまうのです。
あ~、この天気じゃあ今日も寝不足になりそうです。

今日は久しぶりに空と海が赤く染まりました。
車で行くことのできる最後の集落、白浜から内離島、外離島を眺めた夕景です。

星降るカンビレーの滝 2009年01月17日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

カンビレー

昨日、今日の西表島は、冬の時期としては奇跡的な好天が続いております。
本日の日中は気温が22℃近くまで上がりました。

そのおかげで、夜には満天の星空を見ることができます。
とは言え、夜間は少し肌寒く滝の近くは13℃ほど、
長時間星を見ていると凍えてしまいそうです。
昨晩はこの星空が見られて、とても幸せな気持ちになりました。

サキシマキノボリトカゲ 2009年01月15日 野生動物 トラックバック:0コメント:0

サキシマキノボリトカゲ

森林に生息する樹上性のトカゲです。
滝までの登山道中でイシガキトカゲと並びよく出会うことのできるトカゲです。
名前の通りキノボリがとても上手く、かなりのジャンプもします。

このキノボリトカゲ尻尾が切れないため、
素早く尻尾を押さえれば簡単に捕まえることができます。

今の冬の時期は姿を見せることがありませんが、暖かい時期には本当に沢山見ることができ
おそらく滝までの道中で、みなさんの一生分のトカゲを見て行くことになるでしょう。

亜熱帯の森林 2009年01月12日 植物 トラックバック:0コメント:0

ヒカゲヘゴ

左にそびえ立つこの木、ヤシの木みたいに見えますが実は森林内に生える木性のシダなんです。
大きくなると10m以上にも成長しますが、
谷間や林中の斜面、林縁や草地などの太陽の降り注ぐやや湿った場所に生育します。

葉の付根の幹の部分を食べることができ、
色が白っぽく大根に似ているところから、ヤマダイコンとも言います。

遊覧船で上流の軍艦岩船着場に到着する直前に、船長が最後にご案内をしています。
滝までの道中にたくさん生えていまして、
間近で見ると幹の模様がヘビのウロコみたいで面白いんです。
ウロコのような模様は、生長する時に下のほうにある葉を落としていき、
葉柄の脱落した痕が残るのです。滝まで行く方はぜひご覧下さい。

方言ではバラピと言いますが、このヒカゲヘゴ、亜熱帯の風景を演出しています。

北風ビュービュー 2009年01月10日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

光

相変わらず太陽は姿を見せず、本日は今冬期一番の冷え込みでした。
風速 9m/s の北風ビュービュー、日中の気温は12℃。

なんだ、12℃で寒いとはけしからん!と言われそうですが
海からの冷たい北風が直接当たりますので、体感でかなり寒く感じます。
営業9時間の間で日照時間は僅か14分くらいで、なんとも太陽の恋しい日でした。

寒~い一日の営業終了間近、一筋の光が少しだけ心を温めてくれました。

ウォーターバッファロー 2009年01月09日 野生動物 トラックバック:0コメント:0

水牛2

今年は丑年なのでスイギュウの話を少々。。。

アジアはスイギュウの原産地であり、現在でも世界の95%が生息しています。
野生のスイギュウが生息する地域はほとんどなく、
少数がインド、ネパール、ブータン、タイで見られるそうです。

西表島ではウシよりも沼地での行動に適応しているため、
主に水田での労働力として飼育されてきました。

今日では観光用として活躍しており、
由布島や竹富島では水牛車に乗って南国気分を味わってもらう事が出来ます。

冬の空 2009年01月08日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

冬の雨

昨日は昼前くらいから初夏のような暑さとなりましたが、
本日は打って変わって、朝から雨の少し肌寒い一日となりました。

スタッフの口からは呪文のように、寒い寒い。。。と聞こえてきます。
それでも気温は18℃くらいあるんですけどね。

明日もおそらく今日と同じような天気でしょう、
しばらく太陽は拝めそうにありませんね、ヤレヤレ。。。

カンムリワシ 2009年01月07日 野生動物 トラックバック:0コメント:0

カンムリワシ1

日本では、西表島とお隣の石垣島のみに生息する特別天然記念物のワシ。

天然記念物の前に『特別』が付きますから扱いとしてはイリオモテヤマネコと同じです。
イリオモテヤマネコと並び島の食物連鎖の頂点に君臨しています。
イリオモテヤマネコはなかなかお目にかかれませんが、
このカンムリワシはこれからの時期割と普通に見る事が出来ます。

繁殖期に入るのでよく鳴き、餌を探したり、雨降り後に羽根を乾かすために田んぼ、放牧地、
畑近くの電柱、電線の上によくとまるのです。

カンムリワシと言うと、具志堅用高さんを思い浮かべる方もいると思いますが、
石垣島出身と言うことで、現役時代シンボルにしていました。
用高さんは強かったですが、カンムリワシは用高さんほど強く見えません。
なぜかって言うと、
とまっている時にはワシタカの仲間ですから顔付きが精悍で目付きも鋭いのですが、
一度飛び立つとダメですね。

南国生まれのせいか動きがゆるいんです。。。(笑)

良い事がありますように。。。 2009年01月04日 西表島風景 トラックバック:0コメント:0

虹5

西表島では最近、毎日のように雨が降っています。

冬の3ヶ月間(12~2月)は雨が降っていて普通、曇りでラッキー、太陽が出たら奇跡!
こんな事を書いたらお客さんが来なくなってしまいますが、
昨日まさにその軌跡が起きました。

浦内川の河口に珍しいのですが、二重の虹が見えたのです。
主虹、副虹といい、主虹の上側にうすく副虹が現れ、色の順序は逆になります。
主虹は赤が一番外側(上)で紫が内側(下)なのですが、
副虹は逆に赤が内側、紫が外側となります。

この虹、島のあちらこちらで見えたようです。
新年早々この様に2つ同時に虹が架かると、なんだかとても幸せな気分になりますね。

新年のご挨拶 2009年01月03日 お知らせ トラックバック:0コメント:0

門松1

あけましておめでとうございます。
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご高配を賜り誠にありがとうございました。
当社も皆様のお陰をもちまして、無事に新春を迎えることができました。
これを機に社員一同一層気を引き締めて、
皆様のご愛顧にお応えいたすよう努力いたしたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様の益々のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。