FC2ブログ

良天が続いています 2019年11月10日 ツアー日誌 コメント:0

昨日本日と修学旅行の生徒さんたちが滝までのトレッキングとカヌーを漕ぎに遊びに来てくれました。
昨日は風が強かったですが両日ともカヌーを漕ぐには最高の天候でした。
11月ですが西表島は日中まだまだTシャツ半パンでいけます!

僕は船長として遊覧船での案内をさせて頂きましたが
両日ともとても興味を持って話を聞いてくれていたり、沢山の風景を写真に収めていたのが印象的でしたね。
天気が良いのが何よりでしたが、楽しんで頂けたと思います。

2019-11-9.jpg

2019-11-10.jpg

今夜は島唄ナイトクルーズ 2019年11月08日 ツアー日誌 コメント:0

9月12日に試乗会を行いました『島唄ナイトクルーズ』
今夜はお客さまにご乗船頂いての初の船旅となりました。

夕食が終わってから何かちょっとしてみたいと気軽に参加して頂ける
1時間半(送迎の時間も含む)ほどのツアーです。6名様以上のご参加で開催させて頂きます。
唄者は当社代表の平良と宮良師範。どちらも八重山古典民謡の三線の先生であります。

遊覧船で2kmほど上流に上がりアンカーを打ち、しっとりと三線ライブスタート。
新月で雲が少なければ沢山の星が見られ、
月が出ていたとしても美しい夜景を三線の音色に合わせて楽しんでもらう事ができます。

2019-11-8-01.jpg

2019-11-8-02.jpg

良天の修学旅行 2019年11月07日 ツアー日誌 コメント:0

昨日本日と修学旅行の生徒さんたちがカヌーや滝までのトレッキング体験をしに遊びに来てくれました。
両日とも天気が良くてどんな遊びをするにも最高で存分に楽しんで頂けたと思います。
カヌー漕ぎでの8kmや滝までのトレッキングで体力を使う体験ですがそこは皆さん若さでカバーです。
お帰りの際にも皆さん笑顔でまだまだ元気が有り余っていましたね。
卒業してからもまた西表島に遊びに来てください!

2019-11-7-01.jpg

2019-11-7-02.jpg

いつの間にやら11月 2019年11月05日 ツアー日誌 コメント:0

気が付けばいつの間にやら11月に入り実に一ヵ月ぶり、久々の更新となってしまいました。
1ヵ月の間、営業していなかった訳ではありません決して。。。

本日はSUPによるジャングルクルーズを楽しみながら、
ウタラ川奥いつものオヒルギトンネルまでお2人のゲストを案内させて頂きました。
当社のSUPツアーでは珍しく本日が2回目の体験との事で、
結構な向かい風の中を頑張って漕いでくれていました。

スタート時は雲が多く太陽が出てくれていませんでしたが、
オヒルギトンネルに着く頃には太陽が顔を出し始め美しい風景を見てもらう事ができました。
お1人はお隣にお住まいですからまた遊びに来てくださいね。

2019-11-5-01.jpg

2019-11-5-02.jpg

相変わらず水量多いっス 2019年10月05日 ツアー日誌 コメント:0

本日は東京からのお2人をキャニオニングツアーにてご案内しました。
台風18号の影響により9月30日の夜間に川がかなり増水し、
5日経った今もなお上流は水量の多い状態が続いています。

良い点としてはマリユドの滝の裏をくぐり抜ける訳ですからかなりの大迫力で滝が見られることと、
楽に楽しく流され下ることができる点です。
マイナス点は水が冷たく感じられ、太陽が出ていないと時に寒く感じることがある点ですかね。
今月いっぱいまで開催のこのツアーですが、今年はこのままの状態で終わりそうです。

これから滝裏に挑みます
2019-10-5-01.jpg

2019-10-5-02.jpg

滝の裏を抜け反対側から見た方が迫力あります!
2019-10-5-03.jpg

常に水量の多い今年のマリユドの滝
2019-10-5-04.jpg

高台からの眺めは最高です
2019-10-5-05.jpg

ハードな一日でした 2019年10月01日 浦内川風景 コメント:0

昨日は台風18号接近のためお休みさせて頂きました。
本日も営業できる状態ではありませんでしたので明日からの営業再開に向けての準備で一日が終わりました。

これまでやって来た台風で被害を出したものはありませんでしたが、今回はそう言う訳にはいきませんでした。
昨日の16時頃に暴風域に入り停電もして携帯の電波も入りませんでしたが、
夜が明け午前中の早い時間帯にはどちらも復旧してくれました。
台風が過ぎ去った後一番忙しいのは電気水道等の設備屋さんですが、
彼らのお陰で復旧してまた快適な生活が送れるようになります。有難いことです。

今朝はまだ強風域にある中、早めに出勤し待合所内や入口に溜まった泥を洗い流し、
その後本日のメインイベントである2つの滝までの遊歩道の片付けに出かけました。
最後にウタラ川に避難させた遊覧船を出し洗い流して終了です。
これで明日からの通常営業ができます。

遊歩道の片付けに向かう
2019-10-1-01.jpg

歩道の一部が崩れていたり、倒木が所々にありました(復旧済み)
2019-10-1-02.jpg

増水したマリユドの滝
2019-10-1-03.jpg

増水したカンビレーの滝
2019-10-1-04.jpg

若いスタッフが指示した所まで水位がありました
2019-10-1-05.jpg

美しい一日でした 2019年09月29日 浦内川風景 コメント:0

6:21のことでした。
浦内川の朝焼けを見ようと思い車を走らせていると目の前をイリオモテヤマネコが横断して行きました。
ここ最近浦内川観光の施設内にフンを残している個体かもしれません。
交通事故に遭わないことを願うばかりです。

やさしく淡いトーンの朝焼け
2019-9-29-01.jpg

本日は通常通り営業しつつ台風対策も同時進行で行いました。
いつもの様に上流の桟橋を増水で流されないよう位置を移動させ、
作業船・遊覧船をウタラ川に避難させ営業終了です。

鮮やかなブルーの台風前風景
2019-9-29-02.jpg

作業船のウタラ川避難時に河口にかかる虹
2019-9-29-03.jpg

いつもの遊覧船避難風景
2019-9-29-04.jpg

仕事が終わってからは台風前の綺麗な夕景を求めて浦内橋へGo!
当たりでした。今回は上流側は淡く、河口側は鮮やかに、どちらも美しく染まってくれました。
ヤマネコの目撃に始まり美しき風景を沢山拝めた心の躍った一日でした。

淡く染まった上流側
2019-9-29-05.jpg

鮮やかに染まった河口側
2019-9-29-06.jpg

台風のおかげで明日の営業は厳しいですかね。。。

今度は台風18号。。。 2019年09月28日 浦内川風景 コメント:0

昨日の一時的に強く降った雨のおかげで本日も川が濁っている浦内川です。
しかも航路が浅くなるおまけ付き、こんなおまけいりません!

また台風がお越しになっていますが、こちらも今年はもういりません!
今のところ大きな被害の出たものはありませんが、今後やって来るものにもそうあって欲しいですね。

本日の天候はどちらかと言うと曇りがちでしたが、営業が終わって帰る間際に綺麗な空を見させてくれました。
もういい加減、南か東の風でスッキリした青空が見たいところです。

濁った川に浮かぶ青空
2019-9-28-01.jpg

南の島の秋の空
2019-9-28-02.jpg

浦内川観光入口のシンボルツリー
2019-9-28-03.jpg

相変わらずの水量 2019年09月27日 ツアー日誌 コメント:0

本日はお2人のゲストをマリユドの滝壺から軍艦岩まで下る
キャニオニングツアーにてご案内させて頂きました。

前回過ぎ去った台風17号の時もまとまった降水がありましたが、
上流は相変わらず水量の多い状態が続いています。
水量が多いゆえにこのツアーとしては非常に楽に下れるのですが、
定期的に雨が降っており川の水が冷たく感じます。

滝の裏でマイナスイオンを浴びまくり
2019-9-27-01.jpg

滝裏を抜けた後にもマイナスイオンを浴びまくり
2019-9-27-02.jpg

滝壺を泳ぎながらもマイナスイオンを浴びまくります
2019-9-27-03.jpg

前半マリユドの滝壺での遊びや昼食時には青空も見え日が差したりもしましたが、
後半の軍艦岩までの本流下り時には雨が降り出しゴールする頃には
一時的に強く降った雨のおかげで川に濁りが出てしまうほどでした。
それでも見られる風景はとても美しいですね。

川の流れの中で雨に打たれ
2019-9-27-04.jpg

ゴールしてからは濁りが出てしまいました2019-9-27-05.jpg

内地の秋のような天候が続いています 2019年09月25日 ツアー日誌 コメント:0

台風通過後は連日北寄りの風が強く吹いており、日中さほど暑く感じる事なく過ごしやすい日が続いています。
朝などは特に涼しく感じるようになってきました。

そんな天候の中、お2人のゲストを亜熱帯の森を散策しながら2つの滝までご案内しました。
遊歩道内に風が吹き込めば清々しく、光が差し込めば木々の緑は美しさを増し、
亜熱帯の森を肌で感じてもらう事ができます。
歩き出してから約4時間の行程もあっと言う間に過ぎてしまいます。

2019-9-25-01.jpg

2019-9-25-02.jpg

2019-9-25-03.jpg

台風通過後の22日、滝までの遊歩道に問題がないかの確認作業中にマリユドの滝にかかる虹を拝むことが出来ました。
日の差す方角、滝の水量、吹き付ける風の強さ、様々な要因が揃わないと見ることが出来ないと思いますがとても幸運でした。

2019-9-22.jpg
 » »